ネネのまったりブログ

管理人ネネが雑記を交えつつ、関心の強い「人間」と「自然」に触れていくブログです。

現在のパズドラについて

今回はここ最近のパズドラについて思うことがあるので書いていきたいと思います。

先日、パズドラ内のイベントで復刻ダンジョン「白蛇の地下迷宮」が開催されました。
このダンジョンは約一年前に開催され、最終ステージが固定キャラで純粋なパズル力のみで勝負するダンジョンで当時話題になりました。また道中のダンジョンも難関キャラや嫌がらせギミックが詰め込まれ難関ダンジョンとして位置付けられていました。
そしていざ復刻した白蛇の地下迷宮のですが、一年の間にパズドラに起きた火力のインフレによって道中のダンジョンもクリアしやすくなっていました。
それほどパズドラのインフレは進んでいると改めて実感しました。
実際最近実装されたダンジョンは何かしらの制限がかかっており、インフレキャラクターをそのまま扱うことが出来ないようになっています。
また実装当初は一部のリーダーでクリアするのが精一杯だった「裏闘技場」ですが、徐々にクリア出来るキャラクターも増えてきました。
ただそのキャラクターの入手方法が普段行われるレアガチャイベントではなくコラボのキャラクターがほとんどであり、見方によっては今のパズドラはコラボキャラクターがメインに見えてしまいます。

 

また先週パズドラではガンホーコラボとして自社の他作品のキャラクターが入手出来るイベントを行いました。
このイベントではゲームをプレイすることで入手出来るポイントでガチャを回すことが出来、そのためのダンジョンも用意されました。
そのため一時的に課金要素のあるガチャガないと言える状態になりました。
それによってセールスランキングが下落し、50位近くまで落ち込みました。
これは現在のパズドラは課金ガチャに追加される新キャラを引くための課金が多数を占めており、ダンジョン周回などに課金を行うユーザーは減っているのではないかと考えられます。
勿論そのような点は他のアプリゲームにも見られる点であり、妥当な集金方法と言えます。
ただパズドラにおいてはユーザー数も減少していることに加えて、ガチャの当たり枠の当選確率も提供割合が正しいのかと疑問を持ってしまうようなガチャイベントが続いており、そのように感じます。
実際この間の新キャラの追加されたゴッドフェスや新規コラボであるパワプロコラボガチャではそのような動画がいくつか見受けられます。

 

以上が最近のパズドラにおいて個人的に感じることです。
良くも悪くも育成がしやすくなり課金要素が減ったパズドラ
そのためガチャによる集金に頼らすにいられない運営。
果たして打開策は出せないのでしょうか。

購入して間もない任天堂スイッチ を修理したお話

タイトルにある通り、購入したばかりの任天堂スイッチを修理に出すことになった実体験について書いていきたいと思います。

 

任天堂スイッチは任天堂が販売している携帯機型ゲーム機です。
携帯ゲーム機でありながら、テレビとつないでコンシューマーゲーム機として遊ぶことが出来るゲーム機となっています。
その高い利便性から人々を魅了して購入を希望する人が多くなり、品不足の状態が長く続きました。
そのゲーム機としては新しい機能に私も気になっていたのですが、品不足ということから今は無理をせずに落ち着いた頃に購入しようと思っていました。

それから数ヶ月が経って、別の商品を見ていた時にふと「今のスイッチの在庫状況はどうなっているのか」と思い、検索して見たところ在庫があり購入出来るようでしたので気になっていた星のカービィのソフトと一緒に購入しました。

 

そして購入した商品が届いてから、スイッチの新しいゲーム機の機能を楽しみながら遊んでいました。
それから私の都合で少しの間スイッチで遊ぶことができませんでした。
時間が過ぎて私のスケジュールに少し余裕が出来て久し振りにスイッチで遊ぼうとしました。
しかし何度試みてもエラーが起きてソフトを起動させることが出来ません。
不思議に思い、いろいろ調べてみるとスィッチにはそのような不具合があるそうです。
しかし私の調べられる限りではそのような不具合はソフトや挿入口の清掃などで解決出来る範囲のものでした。
どうやら私の場合は完全に故障してしまったようでした。
思い起こせば充電する際に本体を何度か落としてしまうことがあったのでそれも一つの要因であったかと思います。

 

そのため買って間もないスイッチを修理に出すことにしました。
郵送してから数日後、任天堂から修理に関する詳細が送られてきました。
それによると基板を中心とした修理が必要ということで修理費が約1万2千円かかりました。
出費としては痛いですが、ちゃんと修理を行うことが出来ました。

以上が私のスイッチを修理に出したお話です。
皆さんも物は大切に扱いましょう。

日本は進化出来るのか

以前、日本が変わっていることに関する記事を書きました。

 

www.nene14iku.com

 


今回はそれに関連して私個人が日本に対して感じるこを書いていきたいと思います。

 

最近一番感じるのはやはり日本人は「紙」にこだわる点だと思います。
現金、本、新聞などを利用する際に現物が大好きだと思います。
技術発展によって世界中で徐々にペーパーレスを実現することが可能となってきました。
その結果、むしろ紙を使うこと自体がコストになってきました。
そのためその方向に舵をとる国も増えてきました。
そしてその動きは日本でもどんどん広がっています。
今は高齢者を始めとしてペーパーレスが進む環境に対して難色を示す方が多いです。
それでも本や新聞は電子化による提供が進んでいます。
コミックスはもちろん、いくつかのマンガ週刊誌も発売日と同時に電子書籍としての提供を始めました。
また、決済はクレジットカードや電子マネーを始めとしてモバイル決済も広がっています。
日本ではまだ利用割合は人口の2割ほどとまだまだ発展段階にあります。
しかしスウェーデンや中国では上記の決済方法が発展しており、現金を使う機会が減っているキャッシュレスの社会が実現しています。
そのため日本を訪れる外国人観光客にはキャッシュレスを望む観光客が増え、その声に応えることが出来るようにするために日本政府もクレジットカード決済などを行えるシステムを整える支援を行うと発表しています。

勿論、事故や天災によってシステムが起動しないというリスクがありますが、紙を使わない生活の実現もそう遠くないのではないかと感じます。
果たして日本はその流れをどこまで受け入れられるでしょうか。

ガンホーの新たな新作はポケモンGO!?

本日、ガンホーエンターティメントから新作のゲームが発表されると告知が行われました。
ガンホー側に自信があるのか大々的に事前告知が行われ、人気ユーチューバーをゲストに迎えた公開生放送も予定されました。

そしていざ生放送が行われ、ガンホーの期待の新作ゲームが公開されました。
そのタイトルは「妖怪ウォッチワールド」です。

このゲームは位置情報を利用して街中に現れる妖怪とバトルを行って倒して、その妖怪を集めていくというゲームです。
簡単に言えば「ポケモンGO」に近いゲームシステムとなっています。
そのため発表された直後はその似ている特徴がすぐに比較されました。
もちろんまだ配信されたばかりなので一概に比べることは出来ないと思います。
印象は似ているように見えますが・・・。

そしてこのアプリゲーム生放送が行われた本日から配信がスタートされ、早速多くの方々がプレイを始めました。

クロノマギアはガンホー側が想像していたような人気ゲームになることはありませんでしたが、果たしてこの妖怪ウィッチはどうなるでしょうか。

ハースストーン日誌6 高いランク戦の壁

前回の記事でランク戦に挑戦するという内容を書かせていただきました。
あれからランク戦に挑戦していきました。
しかし現在の自分の実力ではどう頑張っても「ランク18」に到達するのが限界でした。
ランク18以降は勝ち星を獲得することが難しく、ランクを上がったり下がったりしています。

 

これはデッキそのものの強さではなく、私のプレイヤーとしての実力が足りないことが原因であると言えると思います。
ある程度の環境上位のデッキを組むことが出来ますが、私がまだ組めないデッキを始めとした立回りをきちんと理解出来ていないデッキの戦術が多く、そのような点が敗北に繋がっているのではないかと思います。
そしてこういった点はハースストーンに限らず他の点でも見受けられる私の弱点の一つであると言えます。
以前より確認を行うようにはなったのですが、まだまだ詰めが甘いと言えます。
日々のプレイも大切ですが、デッキ一つ一つの立ち回りをしっかり理解することもが足りていません。
ランク上位に到達するためにはまだまだ勉強がたりませんがマイペースに頑張っていきたいと思います。

 

アマゾンプライムビデオを堪能中


 最近、アマゾンが提供している動画配信サービス「プライムビデオ」を堪能しています。
今回はそのアマゾンプライムビデオについて書いていきたいと思います。

 

最初に関心を持ったのはTVCMでした。
アマゾンが手がける動画配信サービスを知り、興味を持ちました。
それからアマゾンの配送サービスを利用する機会が増え、これからもっとアマゾンのサービスを利用する機会が増えるかと思い、プライム会員登録を行いました。
そして会員特典でプライムビデオの視聴を始めました。
そしたら思いの外、個人的に利用しやすいと思いました。

 

 アマゾンプレイムビデオサービスとは
アマゾンプライムビデオサービスはアマゾンが提供している動画配信サービスである「アマゾンビデオ」の作品の一部を会員特典として無料で利用出来るサービスです。
「アマゾンビデオ」はテレビ番組や映画をネット上でレンタル・購入出来るサービスです。
いわゆるインターネット上に展開されるゲオやツタヤのようなものです。
その動画数は約50000本と豊富な種類を取り扱っています。
その中の約25000本をプライム会員特典として解放されています。
提供されている動画は一定期間を過ぎると新しい動画と入れ替わります。

上記のように全ての動画を視聴出来る訳ではなく、また動画は一定期間が経てば視聴出来なくなるため他の動画配信サービスより利便性が高いとは言えない可能性があります。
それでもアマゾンの会員特典として数多くある動画を視聴出来るのは個人的には使い勝手がいいと思います。
特に私は映画などで知らない作品などが多く、限られた作品でも知らない作品を手軽に視聴出来ています。

 

皆さんも娯楽の一つとしてアマゾンプライムビデオを楽しんでみてはどうでしょうか。

楽しむための課金

こんにちわ、管理人のネネです。
今回の記事でブログを開設し記事を投稿し始めてから100回目の記事となります。
そこで何か記念となる記事を書こうと思いましたが、特にいい内容が思いつかなかったのでいつも通りの「アプリゲーム」についての記事を書きたいと思います。

 

 現在、アプリゲームは数多くの種類があります、
そしてその多くが無料で遊ぶことができるため始めるのも簡単です。
しかし、その多くはガチャをはじめとしたユーザーの課金で成り立っています。
そのため過度なガチャ課金などが問題になることがあります。
もちろん遊ぶ範囲を超えたいき過ぎた課金は良くないと思います。
ただ個人的には「ゲームを楽しむための課金」は良いのではないかと思います。

アプリゲームの種類によるので一概には言えないと思いますが、ある一定ラインまではゲーム自体を楽しむことが出来ます。
そして、その間にプレイヤー自身が楽しんでいる点をさらに楽しむための課金は良いと思います。
もちろん生活に支障を与えない範囲です。
またアプリゲームは基本的に空いた時間に手軽に遊ぶためのものだと思います。
しかしゲームをよくするためのアップデートを繰り返すごとに遊びやすくなると同時にシステムが少しずつ複雑になっていきます。
それによって手軽に遊べるものではなくなっていきます。
そのようにゲームを「楽しめなく」なった時に辞めるのも一つの手だと思います。

 

そしてそれは現実にも当てはまると思います。
技術の発展によって私達の生活の利便性は上がっています。
それによって私達の生活は変化していき、常識と呼ばれるものも変化しています。
そしてみんなと同じではなく、個性を大事にしていくことが鍵となると言えます。
そんな中で自身が楽しめるものを見つけ、それを楽しめるように投資していくことが必要であると思います。
一度しかない人生を悔いが残らないように楽しめるようにしていくことが必要です。