ネネのまったりブログ

管理人ネネが雑記を交えつつ、関心の強い「人間」と「自然」に触れていくブログです。

外国人奴隷制度

最近、話題となっている外国人就労者受け入れ拡大に関する法案決議。
単純労働をはじめとした日本における人手不足に対策するために来年4月の開始するために臨時国会での成立を目指しています。
しかし、受け入れを行う上での細かいルールの取り決めがされておらず、現状で必要な安価な労働力が不足しているために強引に押し進めていると言われています。
今回は話題となっているその出入国管理法について見て行きたいと思います。

 

個人的にはこの法案の改正は悪手であると思います。
現在日本の雇用環境は決して良い状況であるとは言えません。
しかし電通などの社員の酷使や海外の労働環境との比較によって少しずつ労働環境改善を求める声が上がっていました。
そのため徐々に最低金銀も上がっていき、経営者側からは人材にかかるコストが高くなっていきました。
ゆえに経営者側は人材にコストをかけないようになりました。
そのため従業員一人一人の負担が増えていきます
ITを始めとした技術発展がめざましいとはいえ、日本はまだまだ人手を必要とする労働環境となっています。
しかも国内では少子高齢化となり、働き手の数自体も不足しています。
そのために不足している労働者を安価で働いてもらえる外国人労働者に頼ろうとしているわけです。
しかしながら深刻化している人手不足を解決することを優先しており、労働環境改善や定住などに関する取り決めがしっかりとしておらず、今後の日本の雇用情勢、ひいては日本の社会情勢に大いに影響を与える可能性があります。
実際、日本の技術を学びそれを海外で発揮するための外国人実習生も劣悪な労働環境で働かせられているという実情があります。
またインターネットやSNSの発達によって現在の日本における雇用状況を知ることが出来ます。
そのためいつまでもこのような方法が通じると言えないと思います。

 

労働において現状、日本人であろうと外国人であろうと仕事を行うのは「人間」です。
そして人間が出来ることには限界があります。
日本はサービス重視の面が多く、それを提供しているのが人間であることを忘れている面が多いと思います。
全ての労働者を優遇することは難しいと思いますが、そのことを思い出すべき時ではないかと思います。

ハジドラとして復活出来るのか

先日、久しぶりとなるパズドラの降臨チャレンジの生放送が行われました。
事前に山本プロデューサーが告知されていたようにその生放送で様々な内容が発表されたので見ていきたいと思います。

 

①ダンジョン画面のリニューアル
 ノーマルやスペシャル、テクニカルダンジョンが難易度ごとに切り替わるようになります。
またダンジョンでドロップするモンスターを確認することが出来るようになりました。
これによってダンジョンに出てくる敵キャラクターもある程度想像できるようになりました。

 

②チーム編成画面のリニューアル
 チーム編成画面でモンスターにアシストしたモンスターを確認できるようになりました。
またコスト画面ではモンスターにつけている潜在覚醒の数も確認出来るようになりました。

 

③ドロップのデザイン変更
 新たな機能として「きせかえドロップ」が実装されました。これによってドロップの形をパズドラwで登場したドロップや新たに追加されたフェス限定を入手することでそのキャラクターの表情用のドロップに変えることが出来るようになりました。

 

④自分の所持モンスターを助っ人として利用出来る。
 ダンジョン潜入時、自分が持っているモンスターを助っ人として設定することが出来るようになります。

 

この他にも新たなテクニカルダンジョン「マシンノア」や久しぶりの新ノーマルダンジョン「練磨の闘技場」が実装されるなど新たなダンジョンも控えています。

 

それに加えて「パズドラ大感謝祭」として新たなイベントが用意されました。
一番の目玉は生放送の少し前に行われたユーザーアンケートで投票された人気フェス限と神シリーズがレベル最大、フル覚醒、+297の状態で即戦力として使用することができるアンケーゴッドフェスです
しかし、その魅力から魔法石を10個消費するガチャとなりました。
そのためガチャが開催される前半と後半でそれぞれ魔法石を100個ずつ計200個配布という今までにない豪華な配布となります。
今回のアンケートゴッドフェスに使うも良し、今後のコラボガチャに使うも良しなど使い方も色々考えることが出来る魅力の高さです。

 

また今回のガチャから追加されるフェス限定3種類のうち一種類を交換できる「感謝メダル」を一枚配布されます。
これによってガチャを引かずとも最低限戦力として欲しいモンスターを入手することが出来ます。

 

上記の新たなアップデートに加え、今までに類を見ない報酬の数々。
これを見るに運営としては新たな新規ユーザーを獲得する機会を設けると共に、既存のユーザーに出来るだけ離れて欲しくないという意図が感じられます。
確かに新規ユーザーが始めやすい環境が出来たと言えますが、既存の嫌がらせギミックがなくなるわけではないのでその嫌がらせラッシュにどの程度ユーザーがついて来てもらえるかがやはり鍵と思います。
また今回の大盤振る舞いの帳尻合わせで魔法石の配布が滞lってしまっては意味がないと思います。
はたしてこのまたとない運営の大盤振る舞いが現状のオワドラモードをハジドラへと押し上げることが出来るのでしょうか。

レジ袋有料化

今、世界で注目を浴びているプラスチックごみによる海洋汚染。
この問題に対してスターバックスなどはプラスチック製ストローの提供を取りやめるという声明を発表してきました。
そして今回日本ではスーパー、コンビニで提供されるレジ袋の有料化を義務付けることを検討すると発表しました。
今回はそのことに関した意見を書いていきたいと思います。

個人的にはこのような動きは賛成です。
現状私達人間が生活する上で地球環境は維持しなければいけない大切なものです。
特に我々人類は地球上で数多く存在しています。
そんな我々の生活の都合で発生したプラスチックごみの悪影響で生態系に影響を与えることはあってはならないと思います。
さらに日本に関して言えば、今までサービス重視の面が強いためレジ袋などは無料で配布されてきました。
そしてそれが普通となり当たり前となってきました。
そのためこのような問題に対して鈍感になっているような気がします。
しかし、世界ではすでにレジ袋はコストや環境面から負担がかかると考えられており有料化されています。

まだ検討段階ですが、遅かれ早かれ実現すると思います。
しかしそれが上手く環境問題の改善に繋がるかどうかは未知数であると言えます。
それでも何もしないよりは良いと思います。
このように少しずつ環境に負荷がかからない世の中になっていくことを願いたいです。

モンスト5周年!!その裏でパズドラは・・・

10月10日にモンストは5周年を迎えました。
そしてそれを記念した生放送が行われました。
その生放送で人気の高いキャラクターである「アーサー」と「アリス」の獣神化が発表されました。
さらにアーサーはその日の23時に実装されました。
性能もさることながら新たなイラストの魅力によってより一層愛されるキャラクターとなりました。
他にも今年の5周年記念の属性選択ガチャはマルチ仕様となり、最大四人でガチャを回すことが出来てそれぞれのユーザーが選んだキャラクターを獲得することが出来るようになりより豪華なガチャとなっています。
今月末にはユーザーが投票した人気キャラクターの中から抽選が出来る人気投票ガチャも控えており、運営の大盤振いが止まりません。

 

その一方でパズドラにも動きが起こりました。
近々、新要素をパズドラに取り入れると発表されました。
それに伴い、既存のダンジョンのチャレンジモードとコインダンジョンが廃止されることになりました。
そしてこれらのダンジョンが廃止されるということは新たに挑むダンジョンが追加され、そこからクリアボーナスの魔法石などを貰える仕様になるのではないかと想像できます。
上記のようにモンストが5周年関連のイベントで盛り上がりを見せる中で山本プロデューサーも自信たっぷりのツイートをしており、その動きが注目されます。

 

盛り上がりを見せるモンストに対して今ひとつ盛り上がりに欠けるパズドラ
それぞれこれからどのように歩んでいくでしょうか。

世界で進むガチャ禁止、そして日本は・・・

ベルギーにおいて日本におけるガチャにあたるルートボックスが賭博認定されました。
その少し前にもオランダでもルートボックスが規制されました。
今回はそのことについて記述していきたいと思います。

以前も世界におけるガチャに関する記事を書きました。

 

www.nene14iku.com

 


その際はガチャの確率表記などガチャの周辺に関するものが主でした。
確率表記の義務化によってガチャに確率表記が導入されましたが、ガチャ次第ではその確率通りとは言えない排出率のものが存在しており完全にガチャを抑制しているとは言えないと思います。
しかし一時期よりはガチャに対する風当たりは強くなっていると言えます。
それでも日本においてはアプリゲームは未だにトップシェアを築いています。
にも関わらずガチャに関する規制は海外の方が先に行われています。
これは海外におけるガチャを取り巻く環境が影響していると言えます。
希少性の高いアイテムの販売に加えてそれをチップとして現金売買するなどの問題も横行しております。
このため海外では積極的に規制が進んでいると思われます。
また日本ではそもそもガチャに対する抵抗感がまだ薄いと思われます。
運営側が搾取ガチャを展開しても根強くついてくるユーザーはいます。
ゆえにコンプガチャから確率表記義務まで目ぼしい規制が行われてきませんでした。

そのため日本においても多くの企業が参入してその利益を得ようとしています。
しかしその明暗も徐々に明らかになり始め、簡単に儲けることが出来ない市場となり始めました。
そんな中でアプリゲーム、ガチャはどのようになっていくでしょうか。

「プーと大人になった僕」を鑑賞

先日、公開されたばかりの「プーと大人になった僕」を観賞しました。
最初は映画館の予告でその存在を知り、とても関心を惹かれました。
小さい頃からディズニー作品を観る機会は多く、「くまのプーさん」もその一つです。
そのためこの作品を鑑賞してみたいと思いました。
そしてその感想を書いていきたいと思います。

 

あらすじ
 少年クリストファー・ロビンはくまのプーと仲間たちと楽しい日々を過ごしていました。
しかし、ロビンは寄宿学校に行くことになり仲間達に別れを告げます・。
「君たちのことは絶対忘れない」という言葉と共に。
しかし、寄宿学校の教育や戦争など厳しい現実が徐々にロビンから純粋な心を奪っていきました。
ロビンは命からがら家族の元に生還しますが、今度は仕事に終われる毎日となってしまいます。
しかしそれによって家族との溝は深まってしまい、虚しい日々を過ごしていました。
そんなロビンの元に仲間を見失ったプーが現れます。
最初はプーの突然の訪問とそのマイペースな性格に翻弄されるロビン。
しかし、その再会によってロビンは失っていた純粋な心を取り戻していきます。

 

というのが簡単なあらすじになります。
この映画の一番のテーマは「その人にとって大切なものは何か」ということだと思います。
特に幼い頃に抱いていた気持ちに素直にいられることだと言えます。
もちろん人間誰しも子供の頃のままでいることは出来ません。
しかし、今自分が向き合っていることは果たして何よりも優先することであるかを考える必要はあると思います。
特に日本は仕事の生産性が世界的に低いにも関わらず、残業を含めた仕事量と時間を当たり前ととしており仕事に追われやすい環境にあります
そのため大人になったロビンのように自分自身を見失ってしまう可能性は高いと思います。
だからこそ自分自身を見つめ直す機会を持つ必要があるのではないかと思います。


ディズニーの人気作品「くまのプーさん」の続編となる「プーと大人になった僕」。
めまぐるしく変化する現代社会で自分に大切なことを考える機会を与えてくれる良作だと思いますのでぜひ鑑賞してみてはいかがでしょうか。

プロデユーサーもお手上げ!?

今週からパズドラに「龍契士 &龍喚士」に関するイベントが行われました。
ガチャを回すためにレアガチャより魔法石を倍消費する限定ガチャに複数体の追加キャラを実装し、搾取を行っているのはいつものことですが、今回は別の話題も注目を浴びていますのでそれについて書いていきたいと思います。

 

今回のイベントはガチャだけでなく、ダンジョンも実装されました。
それは一階層をクリアする毎に魔法石を入手することが出来き、難易度が上がった次のダンジョンに挑戦する階層ダンジョンである「工龍契士の創玉殿」です。
ダンジョンは全10階層となっており、道中では魔法石以外にも育成アイテムを入手出来て最終階層を初クリアした際は限定キャラクター「チュアン」を入手出来る仕様になっています。
ダンジョンはいつも通り運営の嫌がらせギミックが満載となっていますが、ギミック対策をしっかり行えば攻略を出来る範囲に留められており普段の階層ダンジョンよりはクリアしやすくなっています。
今回宣伝も兼ねてなのか山本大介プロデユーサーもこのダンジョンに挑戦されました。
そして最終層をクリアしてチュアンを入手した画像をツィートされました。
そのコメントが「実質15コン」となっています。
実質〇〇コンとはパズドラの生放送などでダンジョンの道中で魔法石を使ったコンテニューを行っても初クリア時に入手出来る魔法石と相殺することで実質ノーコンとして扱うことを指します。
すなわち実質15コンとはダンジョンをクリアするまでにコンティニューを16回行い、ダンジョンをクリアした報酬によって15回のコンティニューでクリアした計算になるということです。
確かに最終階層は敵の攻撃も大きく、ボスも初手の攻撃ダメージの量で行動パターンが変化する仕組みとなっています。
しかし超高火力モンスターを使ったダンジョン周回も可能なため、決して攻略が難しいとは言えないと思います。
ましてやヒロインガチャ事件からそれまでの影響力がなくなったとはいえ、山本大介氏はパズドラのプロデユーサーという立ち位置です。
そして新しく実装されるダンジョンのギミックについて許可を出す立場にいます。そのため、ダンジョンのギミックひいてはその対策について把握しているはずではないかと思われますが、そのようなことはないことが露見してしまいました。
と言ってもそのような点は以前から指摘されており、今も変わっていないと再び証明してしまったようです。

 

プロデユーサーが最先端プレイヤーの一人である必要は全くないと思います。
寧ろプロデユーサーの想定する範囲を超えるユーザーが生まれるのが当然と言えます。
しかし、パズドラ製作に関わるスタッフの一人としてはあまり敵が行ってくるギミックに対して無知になる姿はあまり見たくないというのが個人的な意見です。