ネネのまったりブログ

管理人ネネが雑記を交えつつ、関心の強い「人間」と「自然」に触れていくブログです。

プロデユーサーもお手上げ!?

今週からパズドラに「龍契士 &龍喚士」に関するイベントが行われました。
ガチャを回すためにレアガチャより魔法石を倍消費する限定ガチャに複数体の追加キャラを実装し、搾取を行っているのはいつものことですが、今回は別の話題も注目を浴びていますのでそれについて書いていきたいと思います。

 

今回のイベントはガチャだけでなく、ダンジョンも実装されました。
それは一階層をクリアする毎に魔法石を入手することが出来き、難易度が上がった次のダンジョンに挑戦する階層ダンジョンである「工龍契士の創玉殿」です。
ダンジョンは全10階層となっており、道中では魔法石以外にも育成アイテムを入手出来て最終階層を初クリアした際は限定キャラクター「チュアン」を入手出来る仕様になっています。
ダンジョンはいつも通り運営の嫌がらせギミックが満載となっていますが、ギミック対策をしっかり行えば攻略を出来る範囲に留められており普段の階層ダンジョンよりはクリアしやすくなっています。
今回宣伝も兼ねてなのか山本大介プロデユーサーもこのダンジョンに挑戦されました。
そして最終層をクリアしてチュアンを入手した画像をツィートされました。
そのコメントが「実質15コン」となっています。
実質〇〇コンとはパズドラの生放送などでダンジョンの道中で魔法石を使ったコンテニューを行っても初クリア時に入手出来る魔法石と相殺することで実質ノーコンとして扱うことを指します。
すなわち実質15コンとはダンジョンをクリアするまでにコンティニューを16回行い、ダンジョンをクリアした報酬によって15回のコンティニューでクリアした計算になるということです。
確かに最終階層は敵の攻撃も大きく、ボスも初手の攻撃ダメージの量で行動パターンが変化する仕組みとなっています。
しかし超高火力モンスターを使ったダンジョン周回も可能なため、決して攻略が難しいとは言えないと思います。
ましてやヒロインガチャ事件からそれまでの影響力がなくなったとはいえ、山本大介氏はパズドラのプロデユーサーという立ち位置です。
そして新しく実装されるダンジョンのギミックについて許可を出す立場にいます。そのため、ダンジョンのギミックひいてはその対策について把握しているはずではないかと思われますが、そのようなことはないことが露見してしまいました。
と言ってもそのような点は以前から指摘されており、今も変わっていないと再び証明してしまったようです。

 

プロデユーサーが最先端プレイヤーの一人である必要は全くないと思います。
寧ろプロデユーサーの想定する範囲を超えるユーザーが生まれるのが当然と言えます。
しかし、パズドラ製作に関わるスタッフの一人としてはあまり敵が行ってくるギミックに対して無知になる姿はあまり見たくないというのが個人的な意見です。

パズドラの問題点

 先日、一時期「オワドラ動画」で話題を集めたMasaさんが最近のパズドラの現状について語られた最新の動画を投稿されました。
以前の動画と同じく鋭い目線で現状のパズドラに関する問題点を指摘おり、あっという間に話題をかっさらっていきました。
そこで僭越ながら私の感じる現状のパズドラの問題点を改めてまとめたいと思います。

 

1、強いキャラクターの大半は限定キャラクター
 現状のパズドラの強いリーダーの大半はゴッドフェス限定やコラボ限定など容易に入手ができません。また、パーティーに組み込むキャラクターも限定キャラクターになることが多く、理想となるパーティーを組み立てるには一苦労します。
 さらに現状のパズドラはリーダーの火力インフレが激しく、新キャラクターが出るたびにその立ち位置は変化しやすくなっています。
そのため育てるべきキャラクターの見極めも難しくなっています。

 

2、ギミックという名の止まない嫌がらせ
 以前のオワドラ動画でも触れられましたが、一時期パズドラはダメージ吸収や根性といったギミックと称した嫌がらせの連続によって大きな非難を浴びました。その声が大きかったためか運営側も対策スキルなどを実装し、以前よりは対策しやすくなりました。しかし、一定ごとにドロップが変化するギミックや超暗闇・爆弾ドロップ、ダメージ無効など新たな妨害ギミックが実装されました。もちろん現在のパズドラではそれぞれのギミックに対策することが出来ます。しかし、上記のギミックと組み合わさって対策しなければいけないギミックが増え、パズルの上手さは元よりダンジョンでの立ち回りが重要となります。
またリーダーの火力が上がったことに比例して敵のHPも跳ね上がり、例え妨害ギミックがなくても簡単にボスを倒すことは出来なくなっています。

 

3、運営のやる気の欠如
 現状のパズドラは良くも悪くもある程度完成されたアプリゲームとなっています。そのため、運営側もネタ不足になっているのかイベント内容がマンネリとなりつつ、ガチャ課金で現状を支えています。
そのため目新しいことがなく、話題になるのは新規ガチャか新規ダンジョンがある時くらいです。
本編のオリジナルキャラクターを使った「龍と魔の物語」というストーリー形式の物語も不定期に文章の羅列をホームページに公開するのみでモンストのように積極的にユーザーに存在を伝えていこうとしません。
このように運営側も新要素に頭を抱えているにもかかわらず、現状利益を回収出来るのがパズドラぐらいとなってしまっておりやめるにやめれない状態となっていると思われます。

 

以上が個人的に思う現在のパズドラの問題点であると思います。


ダンジョンのギミックもほとんど目新しさがなく今までのギミックをキャラクターが属性・種族など関係なく行ってくる中、リーダーの火力をインフレをしてユーザーにガチャを引かせるという流れが出来ているパズドラ
ここから生まれ変わるにはリーダーの火力や覚醒スキルなどのバランスをゲームを根本から作り直すくらいに見直さなければ難しいのではないかと個人的に思います。

スマホゲームのボイス

パズドラに初のコラボとなる「銀魂」がやってきました。
そしてこのコラボにおいて初の試みとなる「スキルボイス」が実装されました。
これはスキルを押すことでキャラクターのスキル名を発するボイスが流れるという仕様で、銀魂の主人公である坂田銀時こと銀さんに実装されました。
これはおそらくモンストを始めとしたパズドラ以降に登場したアプリゲームでキャラクターのボイスが実装されていることを意識して加えられたのではないかと思われます。
今回はこのアプリゲームのボイスについて個人的に思うことを書いていきたいと思います。
 注)あくまでパズドラとモンストをメインにした意見となりますのでご了承下さい。

 

モンストはキャラクター一体一体にボイスが実装されています。
それはコラボキャラクターも同じ、運営側もコラボに関しては新規ボイスを収録することを明言しておりモンストオリジナルの台詞を聞くことが出来ます。
モンスト配信初期はまだそれほど人気がなかったためか、オリジナルキャラクターのボイス担当も誰もが知っている声優さんは起用されていませんでした。
コラボもそれほど大がかりではありませんでした。
しかしモンスト自体の人気が高まっていき、ユーザー受けを狙った人気作品である「幽遊白書」や「るろううに剣心」などのコラボが行われるようになりました。
その際、主人公のキャラクターだけでなくサブキャラクターや敵キャラクターにもボイスが設けられています。
そのため声優の方が現役であるある最近の作品は良いのですが、放映されていた時期が少し前の作品では声優さんの声に違和感が生じたり、亡くなってしまったり引退してしまったりなど新規ボイスの再現が難しい作品もあります。
また、声優さんの出演料などでコストがかかってしまったり、アプリゲームのデータにボイスを入れることでアプリ自体の容量が大きくなってしまい起動に時間がかかってしまいます。
さらにモンストではゲーム内でのコラボ期間が終了して、一定期間が過ぎるとゲーム内でボイスを聞くことが出来なくなってしまいます。
そのため考え方によりますが、全てのキャラクターにボイスがなることはいいこととは言えない場合もあります。

 

アプリゲームも星の数ほど生まれ、徐々にそのクオリティの高さが求められています。
そんな中でボイス機能が求められるのは当然のことであると思います。
これからアプリゲームに求められる要素はますます高くなってくると思われます。
そんな中でどれだけユーザー向けのゲームが作られていくかが注目となるかと思われます。

覚醒闇メタトロンから考える今後のパズドラ

先日、山本大介プロヂューサーのパズドラにおけるランクが777に到達したことを記念する生放送が行われました。
その生放送で恒例のキャラクターの究極進化が発表されました。
そしてその中の一体、闇メタトロンが今話題となっています。
HP制限がかかるのは今までと変わりませんが、HPが2倍になりつつコンボを重ねることで敵からのダメージ軽減を発動することが出来ます。
スキルも自身のリーダースキルを発動させる条件を満たしつつ、ドロップの固定ロックを外しつつ攻撃色の二色陣を発動させることが出来るようになり協力なキャラクターに変貌しました。
その変貌ぶりから多くのプレイヤーや攻略サイトでは「ぶっ壊れ」と評され、かつて闇メタトロンがダンジョン攻略で最強を築いた時代の再来と言われています。

 

メタトロンの進化の前にもソニアシリーズの星6枠である緑ソニア、青ソニア、オーディンシリーズの星6枠である赤オーディン、青オーディンが覚醒進化しました。
これらのキャラクターも最前線ではなくてもても十分リーダーとして活躍できる進化を遂げました。
このように最近のゴッドフェス限定の星6キャラクターの進化は実践向きになっています。
これはコラボキャラクターの交換要員としてだけでなく、実践でも使えるキャラクターを実装することでゴッドフェスを引く価値を高めようとしているのではないかと思われます。
一時期コラボキャラクターのみがリーダーとして必要なキャラクターとされ、ゴッドフェスを引く価値がないとされました。
そのような状況では色々と運営も困ると見受けられ、このような方向に舵を切っているのではないかと思われます。

 

そのように考えると今後コラボや季節ガチャで新しい強キャラクターが出ると同時に星6フェス限定キャラクターも強キャラクターに進化していく流れとなるでしょう。
すなわち運営としては「強キャラをどんどん出していくからほとんどのガチャを引け」ということだと思います。
最難関嫌がらせダンジョンである「裏闘技場」も徐々にクリア出来るキャラクターが増え、ついには同じく生放送で新たな進化が決まったモリりんのクリア出来るほどにパズドラの火力環境はインフレしています。そんな中でもこれほどにガチャを引く必要はあるのでしょうか。

ハースストーン日誌7 新弾開放

 遅くなりましたが、ハースストーンの新弾「博士のメカメカ大作戦」が8月8日に解禁されました。
今回も先行購入でパックを購入しました。購入したのは80パックとウォーロックに新スキン
特典レジェンドは「クリスタル加工師ケンゴー」と「マイラの不安定要素(ゴールド)」でした。
以下手に入ったレジェンドカードを載せさせていきます。

f:id:nene14iku:20180815150456p:plain

f:id:nene14iku:20180815150603p:plain

f:id:nene14iku:20180815150633p:plain

f:id:nene14iku:20180815150715p:plain

f:id:nene14iku:20180815150739p:plain

 

 

新弾が開放されデッキの環境が変化しました。
そしてパック購入と以前のイベントで入手した魔素を用いて「コントロールウォーリア」「トークンシャーマン」のデッキを作成しました。
これで9つのヒーロー全てのデッキを最低限一つ作ることが出来ました。
と言っても上位のデッキからレジェンドカードを極力使わず少ない魔素で作れるデッキを選んでいるため、ヒーロー毎のデッキの強さはマチマチです。
それでも日々のクエストはほとんどこなせるようになってきました。
これからはエピックを中心に多くのデッキで採用されることが多いカードを必要な時に作れるように魔素をやりくりしつつ、レジェンドカードの代用になるカードを見極めたり、デッキレシピ通りではなく自分で必要なカードを選べるようにもっと「ハースストーン」を楽しめるようにしていきたいと思います。

劇場版ドラゴンボール


 アマゾンプライムビデオに「ドラゴンボールZ」の映画が追加されました。
これはドラゴンボールの新作映画が公開されることを記念して公開されたようです。
今回はそれにあやかって私個人の好きなドラゴンボール映画について書いていきたいと思います。

 

「地球まるごと超決戦」 

f:id:nene14iku:20180814143229j:plain


  この作品は宇宙を荒らして回っているサイヤ人ターレス率いるターレス軍団が地球に目をつけ、悟空達Z戦士と戦う内容です。
 見所としては原作では見られなかった悟空が天津飯ヤムチャと一緒に戦うという一見ありそうで数少ないシーンが見られ見応えがあると思います。
また、この作品は一作品で野沢さんが悟空・悟飯・ターレスの三役を演じており、野沢さんの独特の演じ分けでそれを感じさせない出来あがりとなり、悟空・悟飯は勿論ですが敵キャラクターのターレスも魅力もある出来になっています。

 

「とびっきりの最強VS最強」

f:id:nene14iku:20180814143253j:plain


 この作品はナメック星で悟空と戦い、敗北したフリーザーの死を知ったフリーザーの兄クウラがサイヤ人である孫悟空を抹殺する為に地球にやってくるという内容です。
見所としてはフリーザ以上に冷酷な宇宙の帝王クウラを演じ分けている中尾さんの演技力、そして劇場版初登場となるスーパーサイヤ人の魅力であると思います。スーパーサイヤ人の登場シーンは短いですがそのインパクトは大きいです。
また悟空、ピッコロ、悟飯、クリリン達それぞれの活躍する場が設けられており、そこも注目の点であると思います。

 

 「燃えつきろ!! 熱戦・烈戦・超激戦」 

f:id:nene14iku:20180814143310j:plain


 この作品は南の銀河に「スーパーサイヤ人」が攻め入りました。それを感じ取った北の界王が悟空に調査を依頼します。時を同じくしてベジータの元に「伝説のスーパーサイヤ人」を倒して欲しいという依頼がやってきます。それぞれ謎のサイヤ人を探しに向かっていきます。
 見所としてはドラゴンボール内で屈指の敵キャラクターであるブロリーの初登場です。
ブロリーはその強さは勿論ですが、性格などとても印象に残るインパクトのあるキャラクターです。
そして悟空やベジータと浅からぬ因縁があり、見応えのある内容となっています。

 

以上の通り、ドラゴンボール劇場版の有名作品を簡単にご紹介しました。
劇場版は原作と時系列が異なった内容となっており、原作では実現しなかったシーンや演出が見られる作品となっています。
この機会にぜひ見て見てはいかがでしょうか。

プロデューサー出陣するも・・・

絶賛ガンホーコラボが開催されている中、パズドラのプロデューサーである山本大介氏が久しぶりに公式動画に出演されました。
 
内容は山本大介氏がランキングダンジョンで王冠を手にしたことともうじきパズドラのランクが777に到達することを記念して、ガンホーコラボガチャを引いて当たったキャラクター7種類を強化するというものでした。
順調にガチャは進んでいきましたが、最高レア度の星7のキャラクターがあまり排出されなかったためか結局10種類のキャラクターが排出されるまでガチャは行われました。
所々では山本大介氏が生放送の出演NGになったことをネタにしていると思われる発言もあり、個人的には面白い内容だったと思います。
化内容は近々行なわれる生放送で発表されるとのことです。

久しぶりに行なわれたコラボ開催中のガチャキャラクターの強化であり、山本大介氏自らの動画出演ですが、イマイチ盛り上がりが欠けており、運営側が想定したよりガンホーコラボガチャに課金するユーザーが少ない為に急遽このような動きに走っているようにも思います。

運営の事情の真相は分かりませんが、アクティブユーザーが減少し課金を行うユーザー自体が減っているのは確かであると思います。
その為少しでも利益を出すためにガチャラッシュに歯止めがありません。
心なしか以前より新規コラボの頻度も増えていると思います。
しかしそれではゲーム本来の目的が失われているように感じてしまい、残念です。